CROWNPAK CR-I(+) , CROWNPAK CR-I(-)

キラルセレクター
キラルセレクター

CROWNPAK CR-I(+)/CR-I(-)は、CROWNPAK CR(+)/CR(-)の高い不斉識別能を維持したまま、溶剤耐性が付与されたカラムです。従って、溶媒によるカラムの劣化が防止でき、また移動相に溶出力の強い溶媒を自由に使えるようになり、短時間での分析が可能となりました。
キラル固定相の光学活性クラウンエーテル(18-クラウン-6型)が化合物の-NH3+を包せつすることで、不斉中心近傍に第一級アミノ基を持つ化合物を光学分割します。
フリーのα-アミノ酸のDL分析に適しています。(プロリンを除く)

仕様

粒子径 5μm
圧力 カラムを長くお使い頂くため、30MPaを超えない範囲でのご使用をお奨めします。
pH pH 1.0 ~ 7.0
温度 -5~40℃
封止溶媒 H2O/MeOH = 95/5 (v/v)

CROWNPAK CRーI(+)/CR-I(-)

製品コード カラム名称 種類 内径
(mm)
長さ
(mm)
粒子径
(µm)
53784 CROWNPAK CR-I(+) 分析カラム 3 150 5
54784 CROWNPAK CR-I(-) 分析カラム 3 150 5

サンプル中の不溶成分のカラムへの流入等を防ぐため、ガードフィルターを合わせてご使用になることをお勧めします。ガードフィルターはカラム用付属品のページでご紹介しています。