光学活性化合物の取得

株式会社ダイセルのキラル分離技術は、光学純度分析だけでなく光学活性体の取得にも応用できます。 また、酵素法による光学活性体の生産にも対応できるスクリーニングキットを提供致します。
スピード、スケール、コスト、開発ステップ、お客様所有の設備など、様々な状況に応じた光学活性体の取得のベストメソッドを提案致します。

キラルクロマトグラフィー法

お客様による分取

HPLC法やSFC法
  • セミ分取カラムによる分取
  • 分取カラムによる分取
キラルカラム各品種の
内径10mm、20mmのセミ分取カラム
内径50mmの分取カラムをご用意しております。

詳細はこちら

中圧用キラルカラム
CHIRAL FLASHによる分取
市販の中圧用分取装置でお使い頂けるキラルカラムです。

詳細はこちら

ダイセルにて受託分取

  • 単カラムHPLC法
  • SFC法
  • SMB法
研究用途のmgオーダーから工業生産用とのTonオーダーまで、ご用途に応じたスケールの光学活性体をスピーディーにお届け致します。

詳細はこちら

酵素法

光学活性体の合成

酵素法により高純度な
キラルアルコール、キラルアミンを取得
  • Chiralscreen® OH
目的の光学活性体を得るための最適酵素を選定するための
スクリーニングキットをご用意しています。

詳細はこちら