カテゴリから検索

カラム

未分類 (21)

キラルカラムスクリーニング

未分類 (2)

酵素法

未分類 (8)

レンタルカラム

未分類 (3)

FAQ

キーワードで検索

リセット

※複数検索の場合は、スペースで区切って下さい。

  • カラム
  • 未分類

CHIRALPAK IA/IB/IC/IDにはどのような溶媒が使用できますか? 耐溶剤型キラルカラムで使用してはいけない溶媒はありますか?

現在、CHIRALPAK IA/IB/IC/IDにダメージを与える有機溶媒は知られていません。ヘキサン or ヘプタン/アルコール、メタノール、2-プロパノール、エタノール、アセトニトリル、ジクロロメタン、クロロホルム、テトラヒドロフラン、酢酸エチル、アセトン、酢酸メチル、MTBE、ジメチルホルムアミド(DMF)、ジメチルアセトアミド(DMAc)など多くの一般的な有機溶媒を使用することができます。また、カラムを頻繁に使用する場合に生じる不純物による汚れや化合物が溶出しない場合でも、DMF、酢酸エチル、THFをフラッシングすることで手軽に洗浄できます。
逆相条件で分析する場合、カラムはpH=2.0~pH=9.0の範囲で使用して下さい。ただし、pH≧7.0で分析する場合、ガードカートリッジを用いて、分析温度は25℃以下でご使用ください。さらに、pH≧7.0では少なくとも200インジェクション毎にガードカートリッジを交換してください。

この記事と関連性の高い質問