© 2021 Daicel Corporation. ALL RIGHTS RESERVED.

キラルカラム
Chiral Column

SCROLL DOWN

CHIRALPAK IG-U, CHIRALPAK IG-3, CHIRALPAK IG

CHIRALPAKⓇ IG-U, CHIRALPAKⓇ IG-3, CHIRALPAKⓇ IGは、アミロース誘導体(Amylose tris (3-chloro-5-methylphenylcarbamate))をシリカゲル担体に固定化した固定相を使用しています。

  • 移動相やサンプル溶解溶液として、ヘキサン、アルコールだけでなく、酢酸エチル、THF、ハロゲン系溶媒、DMSOなどシリカゲルベースのHPLC用カラムに使用できる全ての溶媒をご使用頂けます。
  • 逆相条件でもご使用頂けます。
  • セミミクロ用(細径)、分析用、セミ分取用カラムを取り揃えておりますので、用途に応じたカラムサイズの選定ができます。
局方 カラム名掲載例
アミロース誘導体(アミロース トリス(3- クロロ-5-メチルフェニルカルバメート)) を固定化したシリカゲルを充填したもの
キラルセレクター
Amylose tris (3-chloro-5-methylphenylcarbamate) immobilized to silica-gel
局方 カラム名掲載例
アミロース誘導体(アミロース トリス(3- クロロ-5-メチルフェニルカルバメート)) を固定化したシリカゲルを充填したもの

仕様

粒子径 CHIRALPAK IG-U : 1.6μm
CHIRALPAK IG-3 : 3μm
CHIRALPAK IG : 5μm
圧力 CHIRALPAK IG-U:
カラムを長くお使い頂くため、70MPaを超えない範囲でのご使用をお薦めします。
CHIRALPAK IG-3, CHIRALPAK IG:
カラムを長くお使い頂くため、30MPaを超えない範囲でのご使用をお薦めします。
pH 2.0~9.0
温度 0 ~ 40℃(順相条件)
5 ~ 40℃(pH<7の逆相系移動相)
5 ~ 25℃(pH≧7の逆相系移動相)
封止溶媒 n-ヘキサン / 2-プロパノール= 90 / 10 (v/v)
カタログ一覧へ
製品カタログをPDFにて閲覧したり
ダウンロードすることができます

取扱説明書

動く取扱説明書
動画でわかりやすく取扱説明を
ご紹介しております

CHIRALPAK IG-U

製品
コード
カラム名称 種類 内径
(mm)
長さ
(mm)
粒子径
(µm)
87U82 CHIRALPAK IG-U 細径カラム 3 50 1.6
87U83 CHIRALPAK IG-U 細径カラム 3 100 1.6

CHIRALPAK IG-3

製品
コード
カラム名称 種類 内径
(mm)
長さ
(mm)
粒子径
(µm)
87594 CHIRALPAK IG-3 細径カラム 2.1 150 3
87595 CHIRALPAK IG-3 細径カラム 2.1 250 3
87511 CHIRALPAK IG-3 分析用ガードカートリッジ※1 4 10 3
87522 CHIRALPAK IG-3 分析カラム 4.6 50 3
87523 CHIRALPAK IG-3 分析カラム 4.6 100 3
87524 CHIRALPAK IG-3 分析カラム 4.6 150 3
87525 CHIRALPAK IG-3 分析カラム 4.6 250 3
1 : 1セット3個入りです。分析用ガードカートリッジの使用には、ガードカートリッジホルダー(00011)が必要です。

CHIRALPAK IG

製品
コード
カラム名称 種類 内径
(mm)
長さ
(mm)
粒子径
(µm)
87394 CHIRALPAK IG 細径カラム 2.1 150 5
87395 CHIRALPAK IG 細径カラム 2.1 250 5
87311 CHIRALPAK IG 分析用ガードカートリッジ※1 4 10 5
87324 CHIRALPAK IG 分析カラム 4.6 150 5
87325 CHIRALPAK IG 分析カラム 4.6 250 5
87337 CHIRALPAK IG セミ分取用ガードカラム 10 20 5
87335 CHIRALPAK IG セミ分取カラム 10 250 5
87345 CHIRALPAK IG セミ分取カラム 20 250 5
87375 CHIRALPAK IG 分取カラム 30 250 5
87253 CHIRALPAK IG 分取用ガードカラム 50 100 20
87256 CHIRALPAK IG 分取カラム 50 500 20

1 : 1セット3個入りです。分析用ガードカートリッジの使用には、ガードカートリッジホルダー(00011)が必要です。

SFC(超臨界流体クロマトグラフィー)条件でのご使用をご検討の場合、SFC用キラルカラムのページをご覧下さい。