SFC用キラルカラム

SFCとは気体と液体が共存できる限界の温度・圧力(臨界点)を超えて気体と液体の密度が同じになり、2相が区別できなくなった状態で生じる特殊な流体(超臨界流体)を移動相とするクロマトグラフィーです。
移動相には主にCO2が使用されます。超臨界流体は液体に比べ低粘性で拡散が速いという特徴があり、カラム分離に効率をもたらします。 SFC用キラルカラム

超臨界状態

スピーディーな分離

超臨界流体は、低粘性・高拡散性のため、高流速の移動相で高い分離能が得られます。

SFCの分離能

溶媒使用量を削減

移動相の主成分はCO2であるため、使用溶媒量を減らすことができます。

迅速なサンプルの回収

分離後、常圧に戻すことで移動相中のCO2が気化するので、分取後のサンプルの濃縮時間を短縮できます。また、濃縮時にかかる熱負荷も軽減することができます。

SFCの液化炭酸ガスをボンベから供給しポンプで加圧・圧送する作業は、高圧ガス保安法における『高圧ガスの製造』に相当します。 そのため、SFCは高圧ガス保安法の適用を受け(分析装置レベルであれば、第二種製造設備に該当)、カラムには法規に規定された強度が必要になります。

SFC用カラムは、高圧ガス保安法に規定されたSFCに必要な強度をもっています。 また製品には、これを証明する書類をお付けしてお届けします。

SFC用キラルカラムの添付書類

  • エンプティカラムの強度計算書 ※高圧保安法特定設備検査規則に基づく強度計算書様式を使用
  • 材料証明書(ミルシート)
  • エンプティカラム図面
  • 耐圧気密試験結果

【高圧ガス保安法施行令改正について】

2016年11月1日、高圧ガス保安法施行令が改正され、内容積100mL以下の分析機器は高圧ガス保安法の適用除外となり、この基準を満たす超臨界流体抽出/クロマトグラフシステムは規制対象外となりました。
詳しくはこちらをご覧下さい。

SFC用キラルカラム一覧

SFC用多糖誘導体耐溶剤型キラルカラム

  粒子径5µm 粒子径3µm
IA CHIRALPAK IA/SFC CHIRALPAK IA-3/SFC
IB CHIRALPAK IB/SFC CHIRALPAK IB-3/SFC
IC CHIRALPAK IC/SFC CHIRALPAK IC-3/SFC
ID CHIRALPAK ID/SFC CHIRALPAK ID-3/SFC
IE CHIRALPAK IE/SFC CHIRALPAK IE-3/SFC
IF CHIRALPAK IF/SFC CHIRALPAK IF-3/SFC
IG CHIRALPAK IG/SFC CHIRALPAK IG-3/SFC

SFC用多糖誘導体コーティング型キラルカラム

  粒子径5µm 粒子径3µm
AD CHIRALPAK AD-H/SFC CHIRALPAK AD-3/SFC
AS CHIRALPAK AS-H/SFC CHIRALPAK AS-3/SFC
AY CHIRALPAK AY-H/SFC CHIRALPAK AY-3/SFC
AZ CHIRALPAK AZ-H/SFC CHIRALPAK AZ-3/SFC
OD CHIRALCEL OD-H/SFC CHIRALCEL OD-3/SFC
OJ CHIRALCEL OJ-H/SFC CHIRALCEL OJ-3/SFC
OX CHIRALCEL OX-H/SFC CHIRALCEL OX-3/SFC
OD CHIRALCEL OZ-H/SFC CHIRALCEL OZ-3/SFC

SFC分離例

SFC分離例